客先常駐 実績作り

客先常駐は実績作りのためには良い働き方である

実績作りをする女性

客先常駐会社のメリットの一つは実績作りがしやすい事です。

 

内定が取りやすく入社がしやすいでも記載しておりますが、
客先常駐をメインで行っているIT会社は
比較的入社がしやすいため、業界が未経験の方や
実績が無い方が入社するには最適です。

 

現場は大手のIT企業といった所にも常駐できますので、
普通は到底入社出来ないような大手の会社で働く事も可能ですし、
正社員とは異なり色んな現場を回れますので、
様々なプロジェクト現場を経験することでスキルアップや実績作りになります。
一応正社員でもありますので職歴が付くのもいいですね。

 

実際に私も大手のF社に客先常駐で勤めていましたが、
大手の正社員の方はとにかく良い意味で優秀な方が多かったため、
大変大きな刺激となりましたし、勉強にもなりました。

 

そして、客先常駐によって色んな現場で培ってきた技術力は
今より良い会社に転職するための武器になります。

 

多くのIT企業の採用担当者は即戦力を求めています。
求人サイトを少しでも見て頂いたら分かると思いますが、
経験者は未経験者と比較して色んな会社を選べますし、応募することが可能です。

 

そのため、客先常駐で培った技術やスキルを生かして、
キャリアアップを求めて転職したりする事がやりやすくなりますので、
客先常駐で働くことは悪い事ばかりではありません。それに職歴にもなりますからね。


ただし、客先常駐は長期間働いてはいけない

客先常駐は実績作りのためには良い働き方である

このように客先常駐という働き方は入社がしやすく
色んな現場を回れますので、
若い内のスキルアップ等を
図るためには良い働き方と言えます。

 

しかし、実際の働き方は派遣労働と代わりがありませんので、
年齢が上がって来るに従い常駐先の年齢制限などで
仕事がなくなっていくことは明らかになりますので、
30代にも40代にもなって続けていける方法ではありません。

 

正社員だから簡単に首は切られないだろうと思うのは大きな間違いです。
仕事(常駐)の受け入れ先が無くなれば会社は利益を上げる事は出来なくなりますし、
利益の出せない人間を会社に置いておくことは普通はありえませんので、
正社員と言えども使えなくなったら会社は容赦なくあなたを切ってくる(首にする)でしょう。

 

派遣労働者にとって価値というものは自分自身であり自分が商品です。
その商品価値が無くなってしまえばそれまでというわけですね。
客先常駐は派遣で利益を出す方法ですし、派遣先がなくなればおしまいです。

 

そこだけは若い内からしっかりと問題として認識しておくことが大事です。
年齢が増えて常駐先が無くなってからでは何もかも手遅れになりますし、
実際にそうなっている人の数も沢山いらっしゃいます。
試しに以下の記事を読んでみてください。

 

 > 30代後半PGスキル3年…残された道は?

 

正社員だから安泰などと思わず現状の問題をしっかりと認識してくださいね。
客先常駐は名前が変わった派遣と同じです。

 

 > トップページへ戻ります


このエントリーをはてなブックマークに追加