客先常駐 派遣

客先常駐は所詮は派遣と変わらないし正社員の働き方ではない

客先常駐は所詮は派遣と変わらないし正社員の働き方ではない

客先常駐で働くことの何がダメなのか?
というと、簡単な話働き方が派遣と同じだからです。
正社員で入社したため、認めたくない方も多いと思いますが、
この事実をしっかり認識することが大事です。

 

客先常駐している人の中には
正社員で雇用されているから派遣ではなく正社員だ!
と、思っていらっしゃる方も多いと思います。

 

確かに正社員である事は間違いないと思います。

 

事実、客先常駐で働いている方は正社員で雇用されているハズですし、
一般派遣のように仕事がなくなってもいきなり給料がゼロになることもありません。
最悪、常駐先から契約終了を言い渡され、
自社に戻る事になり待機となっても給料は支払われる事になります。

 

また、実際にボーナスも支給される会社も多いですから、
一見何の問題も無いかと思ってしまうのも無理は無い言えるでしょう。

 

 

客先常駐の働き方は一般派遣と同じ

 

しかし、客先常駐という仕事は
一般的に派遣と言われている働き方と全く差がありません

 

以下の図を見てください。
客先常駐と一般派遣の働き方を比較したものです。

 

客先常駐と一般派遣の労働形態の比較

※派遣労働者の事前面接は本来は違法です

 

上記の図は客先常駐の働き方と一般派遣の働き方を比較したものですが、
ほぼ、何も変わりがない事を理解して頂けると思います。

 

客先常駐も一般派遣も基本的な流れとしては・・・
派遣先の担当者と面談し、OKが出たら契約を行い、その後は派遣先に常駐し、
契約が終了したら自社に戻る
という流れは全く同じです。

 

ただし、給与形態は客先常駐と一般派遣では全く異なります。

 

客先常駐であれば常駐先からの契約が終了しても給料が発生するし、
ボーナスも貰うことが出来ますので一般派遣と比較して安定しているかもしれません。

 

 

客先常駐と一般派遣が抱える共通の問題点

 

しかし、客先常駐と一般派遣は潜在的に同じ問題を抱えています。

 

それは年齢の増加によりどんどん働き口がなくなってしまうということです。

 

ここはしっかりと客先常駐の問題点として認識しておかなくてはいけないことです。

 

客先常駐は常駐先があっての労働となりますので、
常駐先が受け入れを拒否してしまえば働き口が無くなってしまいます。

 

客先常駐は現場が変わると新しい現場では
常に新人として働くことになります。

 

しかし常識的に考えて
高齢の新人を喜んで迎えてくれるような所は日本にはあるでしょうか?

ありませんよね?

 

若い新人と高齢の新人。どちらを新しく迎え入れたいかどうか?
当たり前ですけど新人ですよね?
つまり、世の中そういうものなのです。
外国であれば年齢は関係ないと言いますが、ここは日本なのです。

 

そして、あなたもずっと若者というわけにはいきません。
10年も働き続ければ中年になってしまうんです。
そうなった時に果たしてまともな受け入れ口は本当にあるのでしょうか?

 

更に客先常駐が出来ず、
利益を出す事ができない人間を会社は雇い続けてくれるのでしょうか?

 

客先常駐は結局の所、派遣であることは変わりがありません。
常駐先(派遣先)が無くなれば、仕事が無くなってしまうのは当たり前というわけですね。

 

見た目は正社員、中身は派遣というのが客先常駐の真実です。


客先常駐がダメな他の理由

客先常駐は何故ダメか?
客先常駐=派遣と同じ (現在のページ)
不要になれば真っ先に切られる
スキルアップのチャンスに乏しい
帰属意識が生まれない
30代後半になると仕事が無くなる可能性が高い

客先常駐の会社は早めに脱出した方がいいのか?


客先常駐会社は早めに脱出するべき?

特定派遣や偽装請負といった
客先常駐で働き続ける事は将来性を考れば考えるほど
多くの不安が付きまとうことになってしまいます。


では、そんな客先常駐ばかりの業務を行っている会社は
早めに脱出した方が良いのでしょうか?


当サイトの見解を以下のページでまとめていますので、
悩んでいる方は一度ご覧ください


 > 客先常駐のIT会社は辞めて転職した方がいいのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加