客先常駐 30代 後半

客先常駐の最大の問題は30代後半になると仕事が無くなる事

客先常駐という働き方の最大の問題は
30代後半で仕事が無くなってしまう可能性が高い事です。

 

客先常駐という仕事は当然ながら常駐先の会社が
受け入れてくれるからこそ仕事が出来ます。

 

しかし、ご存知の通り日本社会は人の年齢を非常に重要視されます。

 

20代のような若い人間であれば素直な人も多いですし、
何より客先に常駐しても年齢層で言うと下から数えた方が早いので、
扱いやすく好まれる傾向にあります。

 

ですが、30代、40代と年齢が上がっていくと、
下手をすれば常駐先のプロジェクトのリーダーより年齢が高いという事も良くありますが、
プロジェクトリーダーより年上だと、どうしても敬遠されてしまう事になります。

 

また、30代や40代になってくると年相応のキャリアやスキルを求められるようになりますが、
客先常駐を繰り返していると客先常駐はスキルアップのチャンスに乏しいでも書いていますが、
30代、40代に求められるようなスキルが身につかない事も多いため、
単に年齢が高くて技術力も無く、単に扱い辛いだけの人間になってしまう可能性が高いんです。

 

そうなってくると当然客先常駐先の受け入れが無くなっていきますので、
どんどん仕事が無くなっていきますし、常駐先が無くなってしまえば、
正社員という立場なんて関係無くあっさりとクビにされてしまう事もあるでしょう。
会社は利益の出せない正社員を養っていくほどお人よしではありません。

 

客先常駐という仕事は言わば常駐先が変わるたびに採用試験を受けにいくようなものです。
若い内であれば年齢の若さや扱いやすさで受け入れて貰う事が出来ますが、
年齢が増えると断られて仕事が無くなってしまうようになってしまうんです。

 

以下に客先常駐に不安を抱えている方のブログの記事なんかはとても参考になりますので一度読んでみてください。

 

 > このままITでいいのか悩む

 


客先常駐がダメな他の理由

客先常駐は何故ダメか?
客先常駐=派遣と同じ
不要になれば真っ先に切られる
スキルアップのチャンスに乏しい
帰属意識が生まれない
30代後半になると仕事が無くなる可能性が高い (現在のページ)

客先常駐の会社は早めに脱出した方がいいのか?


客先常駐会社は早めに脱出するべき?

特定派遣や偽装請負といった
客先常駐で働き続ける事は将来性を考れば考えるほど
多くの不安が付きまとうことになってしまいます。


では、そんな客先常駐ばかりの業務を行っている会社は
早めに脱出した方が良いのでしょうか?


当サイトの見解を以下のページでまとめていますので、
悩んでいる方は一度ご覧ください


 > 客先常駐のIT会社は辞めて転職した方がいいのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加