客先常駐 転職

客先常駐のIT会社は辞めて転職をした方がいいのか?

客先常駐の会社に勤めていらっしゃる方には、
今勤めている会社をそのまま続けた方がいいのか?
もしくは辞めて転職した方がいいのか?
悩んでいらっしゃる方も多いと思いますので意見を書いてみたいと思います。

 

これに対する答えはあなたが今の会社に勤め続ける事で
将来性があるのなら続ければいいと思いますし、
逆に将来性が無いと感じたのであれば転職した方が良いと言えます。

 

例えば、自社が派遣業務以外にも
自社開発や請負の業務も行っている会社であれば、
仕事で成果を出すなどで自分から上司などに働きかけて、
労働環境の改善を図るのが理想であると言えます。

 

しかし、も勤めている会社自体が客先常駐の派遣しか行っていないような会社であれば、
この先も永遠と現場を転々とした生活が待っていますし、
客先常駐はスキルアップのチャンスに乏しいでも書いていますが、
重要な仕事を任されることは少ないため、
いつまでも下っ端の仕事をやらされるという事になりがちです。

 

派遣先が変わるたびに派遣先の文化を覚えたり、
人間関係をやり直しをしなくてはなりませんし、
客先常駐はキャリアアップのチャンスも乏しいですから、
そのような生活を続けていく事はどう考えても不安になるのも仕方が無いと言えます。

 

色んな現場をたらい回しにされた後に
30歳、40歳で使い捨てにされてもいいというのであれば、
客先常駐は業務上の責任を取らされる事も少ないですし、
客先常駐はある意味、気楽にやっていけますのでそのままでもいいかもしれません。

 

ただ、そうなってしまった場合は技術者として生き残っていく事は厳しいと言えます。
そもそも派遣では無い通常のIT企業の正社員であれば、
普通はプログラマ→システムエンジニア→プロジェクトマネージャーといったように、
実力に応じたポジションだ与えられる事が当たり前ですが、
客先常駐で派遣をしているとなかなかそのような経験を積む事は出来ません。

 

単に言われたものを作ってるだけだったり、
設計書もロクに書いたことが無かったり、
スキルアップに応じたキャリアパスが描けないのであれば、
どう考えても将来が厳しいと言えるのではないでしょうか?

 

ご存知の方も多いと思いますが日本の転職市場は若ければ若いほど有利です。
30歳までであれば転職を行うことはそれほど難しい事ではありませんし、
客先常駐の経験は転職活動もかなり有利に進めることが出来るでしょう。

 

30歳を越えて来ると途端に転職活動が難しくなりますし、
そうなってからでは遅いとは思いませんか?

 

もし、あなた自身に将来性を感じられないのなら、
早めに行動される事をおすすめします!


客先常駐会社の社員から有利に転職するためには?

転職方法のご案内

客先常駐の経験のある方は業界経験者になりますので、
業界未経験者と比較して非常に転職に有利になります。

 

しかし、転職する際には経験だけではなく、
希望通りの会社に転職するためのノウハウが必要になります。

 

転職と聞くと多くの方はハローワークやリクナビといった所を
思い浮かべる方も多いと思いますが、
正直非効率なので辞めておいた方がいいですね。

 

転職サイトを使うより確実にあなたの希望に沿った会社を
見つけるための方法をご紹介しますので、
自社開発や請負開発といった今より良い職場環境に
転職したい方は以下の記事をチェックしてくださいね。

 

 > 転職サイトより優れた転職方法とは?


このエントリーをはてなブックマークに追加