客先常駐 スキルアップ

客先常駐はスキルアップのチャンスに乏しい

スキルアップさせにくい

客先常駐で働くことがダメな理由の一つは
スキルアップのチャンスに乏しい事が挙げられます。

 

何故なら、
客先常駐はどこまでも人に使われる立場の人間であるからです。

 

そのため自己成長を非常にさせにくいです。

 

将来求められる指揮能力や管理スキルといった経験が積めない

例えば、客先常駐の仕事では、
なかなか自分では開発の指揮をとったり、
スケジュールを管理したりといった経験を積む事が出来ません。

 

何故なら、これらの業務は常駐先の人間が行う仕事だからです。

 

中には指揮や管理といった業務もやらせて貰える人もいらっしゃると思いますが、
基本的に客先常駐の人間は人に使われる立場の人間なので、
そのようなリーダー的な事や管理的な事よりも、
言われた事を言われた通りにこなす事の方が何よりも重視されます。

 

むしろ下手に余計な事を言う人間は反発を受ける可能性もあります。

 

「余計な事は言わなくていいから派遣はとにかく言われたことをやってくれればいいんだ」

 

という扱いになりやすいです。

 

そのため、人を使ったりスケジュールを管理したりといった
年齢が増えるに従って求められるスキル。
IT技術者として本来積まなければならない経験を積む事が出来ません。

 

求められる技術力が低くてもコピペで何とかなる

他にも客先常駐するプロジェクトというものは、
基本的に既に常駐先である程度の仕組みが出来ているケースがほとんどです。

 

例えば・・・。

 

  • 開発に使用する言語
  • 使っているミドルウェア
  • 使っているフレームワーク
  • プロジェクトの運用の仕組み

 

このような基本的な仕組みが既に出来上がっている事が多いです。

 

そのため、常駐している人間に対して求められる事は、
既に出来上がっている仕組みを活用する事だけで、
あまり技術的に深い事を求められません。

 

既に作られた既存のソースやサンプルがあれば、
システムやフレームワークの仕組みが良く分かってなくても、
分からない所は分かってる人に任せておけばいいし、
割り当てられる実装作業はとにかくコピペして作れば
何とかモノになってしまうという事があると思います。

 

確かに仕事の業務自体はこなせるかもしれませんが、
そういった仕事ばかりしていると技術者としてのレベルが低いままですし、
レベルが低い技術者は将来仕事が無くなってしまいます。

 

意志決定は基本的に常駐先の社員が行う

例えば常駐先の社員の人は会議や打ち合わせ等に出かけて、
プロジェクトの進め方や、システムに関する方針をすり合わせていると思いますが、
基本的に客先常駐している人に意思決定の場に参加することは出来ません。

 

良く常駐先の社員の方だけが会議に出かけて、
常駐している人間は留守番といった事は良く経験されていると思いますが・・・。

 

これは要は仕事に関する意志決定を
他の人に委ねているということであり基本的に他人任せということなんです。

 

そして常駐している人間は、言われたことに対して素直に従うだけ。
これではなかなか自己の成長をすることが出来ないわけです。


経験が積めないという最大の問題点

このように客先常駐は常駐先の正社員と比較して
任される仕事の責任が低い仕事や、
あまり重要ではない仕事ばかりが回されることになります。
そのため、経験がなかなか積めないという問題が発生します。

 

代わりに任される仕事というのは、
毎日ひたすら何度も何度も似たような実装を繰り返したり、
スキルを必要としない面倒な調査といった仕事が任されます。

 

ただし、そのような作業を繰り返していても作業自体はこなせるかもしれませんが、
肝心の技術者としてのスキルがあまり伸びていかないわけなんですよね?

 

もちろん、それは悪い事ばかりではありません。
単に言われた事だけを毎日こなして給料を貰っていればそれでOKという方や、
業界の経験がまだ薄く、言われた事だけこなすだけでも難しいという方には、
むしろ、喜ばしい働き方とも取れます。

 

しかし、いつまでもそのような状況に甘んじていると、
年齢が上がった時に様々な問題が発生します。

 

  • 技術者として年相応のスキルが身についていない
  • 指揮経験や管理経験が無い
  • 意志決定などをあまりしたことがない
  • 技術者としても人間としても未熟なまま!

 

技術者は単にプログラムが組めたり、
設計書が書ければ良いというわけではありません。

 

もし、常駐先で言われた仕事を問題無くこなせるようになってきたら、
キャリアアップも兼ねて自社開発が出来るような仕事に
就いた方が将来性が明るいと言えるのではないでしょうか?

 

客先常駐がダメな他の理由

客先常駐は何故ダメか?
客先常駐=派遣と同じ
不要になれば真っ先に切られる
スキルアップのチャンスに乏しい (現在のページ)
帰属意識が生まれない
30代後半になると仕事が無くなる可能性が高い

客先常駐の会社は早めに脱出した方がいいのか?


客先常駐会社は早めに脱出するべき?

特定派遣や偽装請負といった
客先常駐で働き続ける事は将来性を考れば考えるほど
多くの不安が付きまとうことになってしまいます。


では、そんな客先常駐ばかりの業務を行っている会社は
早めに脱出した方が良いのでしょうか?


当サイトの見解を以下のページでまとめていますので、
悩んでいる方は一度ご覧ください


 > 客先常駐のIT会社は辞めて転職した方がいいのか?