転職エージェント メリット デメリット

転職エージェントのメリットとデメリット

疑問

転職活動を行うのであれば、
リクナビやハローワークといった求人情報サイトを
活用する方は多いと思いますが、
どちらかというと転職エージェントを活用される事をおすすめします。

 

では、転職エージェントを利用した方が良いのか?
転職エージェントを利用するメリットデメリット
ご紹介していこうと思います。


転職エージェントを活用するメリット

無料で利用することが出来るから

まず、転職エージェントがおすすめ出来る理由の一つは
無料で利用する事が出来る事です。

 

転職エージェントと聞くと何やらお金がかかるの?
と、思われる方もいらっしゃると思いますが、
ハローワークやリクナビと同じでお金は一切かかりません。

 

転職エージェントの料金の支払いは転職希望者が支払うのではなくて、
企業側が転職エージェントに人材紹介の成功報酬として支払うようになっています。

 

そのため、転職希望者は1円もお金を支払う必要がありませんので、
安心して利用する事が可能です。

 

それに転職エージェントは転職を成立させて、
初めて利益になるという商売を行っていますので、
転職希望者が転職出来るように真剣に協力して貰う事が出来るんです。

 

 

非公開求人が沢山ある!

転職エージェントには求人情報サイトには公開されていない
非公開求人と呼ばれるものがあります。

 

そのため、労働条件の良い求人情報が
転職エージェントに相談するだけで沢山出てくるわけですね。

 

つまり転職エージェントに相談すると求人サイトを活用するより、
多くの企業から選ぶ事が出来るようになり、
それだけ良い企業と巡り合える可能性が高くなるわけですね。

 

 

希望にあった企業を一緒に探してくれる

希望勤務地や希望年収や希望業種を伝える事で、
希望にあった企業を一緒に探してくれる事が転職エージェントを利用するメリットの一つです。

 

ハローワークやリクナビなどの転職サイトを活用して探すというのも一つの手ではありますが、
求人情報の検索に慣れているという方はほとんどいないと思いますし、
求人サイトから希望に合った求人を探す事ってかなり大変だと思います。

 

しかし、転職エージェントに相談すれば条件に合った求人情報を探してくれますので、
自分で求人情報を探すより圧倒的に楽に求人情報を探す事が出来るんですね。
それに求人サイトに公開されていない非公開求人もありますので、
転職エージェントを活用するだけでそれだけ有利になります。

 

IT系であれば何系?(オープン系、制御系など)といった事や、
ソフトか?ハードか?インフラか?
自社開発か?請負か?客先常駐か?
開発(SE)よりかベンダー(SI)よりか?といった条件も当然指定出来ますので、
自分のスキルが活かしやすい職場を見つけやすいんですね。

 

また、残業があまりない企業に就職したいといった相談も出来ます。

 

 

企業に対するアポイントを代行してくれる

転職エージェントを活用するメリットの一つは
企業に対するアポイントを代行して貰う事が出来る事です。

 

企業に最初にアポイントを取る書類審査などもお任せでやって貰う事が出来ますし、
都合の良い日に面接が受けられるよう
日程調整などの交渉も行って貰う事が出来ます。

 

交渉が苦手な方には転職エージェントはピッタリですね!

 

 

面接時に聞きづらい事を代わりに聞いて貰う事も出来る

転職エージェントを活用する事で面接で聞きづらい事を代わりに聞いて貰う事も可能です。
例えば・・・。

 

客先常駐業務(特定派遣、偽装請負)はあるのか?

残業時間は本当はどれだけあるのか?

残業代は本当にきちんと出るのか?

福利厚生は充実しているのか?

休日出勤はあるのか?あるとしたらどの程度の頻度なのか?

毎日終電生活という事は絶対に無いか?

 

このような質問は自分からは面接でなかなか聞き出せないものですが、
そんな聞きづらい質問も転職エージェントに依頼することで
代わりに確認して貰う事が出来る
ようになります。

 

具体的には転職希望者と企業との面接が終わった際には
必ず企業から転職エージェントに
面接の結果の連絡が行くようになっているのですが、
その際のやりとりのついでに確認しておく事が多いようですので、
面接の前に転職エージェントの方に伝えておくと良いでしょう。

 

 

専門性の高い転職エージェントも存在する

転職エージェントの中には特定のジャンルに特化している所があります。

 

アパレル業界専門の転職エージェント

医療業界専門の転職エージェント

IT業界専門の転職エージェント

 

このように特定の分野の専門となっている所があるんですね。
当然専門性が高いエージェントはそれだけ業界に詳しいです。

 

ハローワークのような所に相談してもハローワークの職員は
IT業界の事なんて全然詳しくなくて、パソコンを使う業界ぐらいにしか思っていませんが、
IT業界の転職エージェントであれば当然知識がありますので、
こだわりのある条件で希望にマッチした企業を見つける事が可能ですので、

 

転職エージェントのデメリット

地方ではサービス自体が行われていない

では続いて転職エージェントのデメリットを挙げていこうと思いますが、
まず、転職エージェントのデメリットの一つは地方ではサービス自体が行われていない事です。

 

転職サイトであればある程度の地方でも求人情報が掲載されていたりもしますが、
転職エージェントは基本的に東京、大阪、京都、名古屋、福岡、広島、神戸といった
ある程度人口の多い所でなければサービス自体が無いというのが欠点です。

 

そのため、地方の方は利用する事が出来ないため、
転職サイトやハローワークを利用した方が良いという事になります。

 

 

転職エージェントの会社に訪問しにいく必要がある

そして続いてのデメリットは転職エージェントの会社に訪問する必要がある事です。

 

転職エージェントは転職希望者に直接合ってアドバイスをしたり、
希望勤務地や希望年収や希望業種などの条件をすりあわせる必要がありますので、
実際に転職エージェントの方に直接会わなければならないのは必然となります。

 

とは言え、転職エージェントの会社に訪問は、
企業の面接と違って気軽に受ける事が出来ますし、
希望条件のすりあわせというのは、より条件の良い企業に転職するためには必要な事です。

 

転職エージェントの会社に訪問して相談する事は確かに面倒ではありますが、
良い企業に転職するために必要な事ですので、
出来れば実際に合って話をする事が大事になります。

 

 

転職を急かされる事もある

転職エージェントは転職希望者と企業の仲介を行い、
転職希望者が企業に入社する事で初めて利益となります。

 

そのため、転職エージェント側からするととにかく転職させる事が、
転職エージェントの会社の利益に繋がる事になります。

 

そのため、転職希望者が早く転職してくれるように、
転職を無理に急かしたりするような所も少なからず存在する事がデメリットです。

 

そのため、転職を無理に急かす事が無い
転職希望者の事を第一に考えてくれる
転職エージェントを利用することが大事です。

 

IT業界の転職ならIT専門転職エージェントに

案内

以上が転職エージェントを利用するメリットとデメリットになります。

 

転職エージェントは地方ではサービスが受けられなかったり、
実際に転職エージェントの会社に訪問する必要がある
というデメリットがあります。

 

しかし、希望の条件にマッチした企業を一緒に探してくれたり、
アポイントを取ってくれたり面接日程を調整してくれたり、
自分では聞きづらい事を変わりに聞いてくれたりと、
かなり大きなメリットがある事も事実です。

 

何より無料で利用する事が出来ますし、
自分一人で転職活動をするよりかは、
転職のプロにアドバイスを受けて転職する方が、
賢い方法と言えるのではないでしょうか?

 

IT業界であればIT業界専門の転職エージェントもありますので、
絶対に利用した方がいいですよ!

 

以下におすすめのIT業界に詳しい転職エージェントをご紹介していますので、
今より良い会社に転職をしたい方は是非チェックしてみてください!

 

 > おすすめのIT業界の転職エージェントを紹介